結婚指輪のアフターケア

結婚指輪は結婚する時に準備して、結婚式で指輪の交換、そしてその後の結婚生活において、身につけるものなのですが、例え、どんなに準備万端で結婚指輪を購入したとしても、その指輪がずっとそのままの状態で指にはめていられるとは限りません。

結婚指輪においての変化の一つとして、最も多いのがサイズ変更です。

時が経てば、太ってしまう人もいれば、痩せてしまう人もいると人それぞれですよね。

体重の変化は指の太さにもとても影響します。

指輪のサイズが合わないというのはそのままにしておけないことです。

きつければずっと付けていられないし、中には抜けなくなってしまうという言う人もいるかもしれません。

女性は妊娠時に指がむくんだりすることもあるので、サイズが小さくなってしまう人もいるでしょう。

また、反対に年を重ねて体重が落ちてくるという人もいて、サイズが大きくなってしまえば、指輪はくるくる回ってしまうし、抜け落ちてしまうという人もいるかもしれません。

日常的に良く使う指にはめる結婚指輪だからこそ、サイズはお直しをする必要があります。

失くさないうちに、はめなくなってしまわないうちに購入したお店、もしくはジュエリー店などでサイズ直しをする様にしましょう。

結婚指輪は普段外さないという人が多いのですが、仕事上もしくはその他の理由で、はずす機会がある人は失くさない様に注意しましょう。

ポケットやバッグにそのまま入れて保管するというよりは専用のケースなどを作って、その中に保管する方が良いでしょう。