結婚指輪のデザイン

結婚指輪というのは、イメージとしてはシンプルなデザインであることがほとんどだと思いますが、やはり普段身につけるアクセサリとしては、シンプルである必要があるからです。

肌や衣類などを傷つけない様に、また触るものなどに当たっても大丈夫な様にということも考えられているのでしょう。

結婚指輪は、基本的に凸凹が大きくついていたり、モチーフがついているという様なことはあまりありません。

そして、アームのデザインについてはシンプルながらも幾つかの種類があります。

まずは、最もシンプルなデザインのストレートです。

真直ぐなデザインなので、男性でも割と抵抗なく身につけられるので、多くのカップルに選ばれています。

ストレートはとてもシンプルなデザインですが、アームの太さや厚みを変えることで、色々な雰囲気を出すことができます。

男性のアームを太くして、女性のアームを細くするなどして、お揃いながらも違いをつけるというデザインも良いと思います。

その他、緩やかなカーブのついている、ウェーブやU字、V字などもあります。

カーブがあると、何となく女性っぽいのでは?と気になる男性も少なくないと思いますが、実際に人の手の指の付け根というのは真直ぐになっている人はあまりいないので、ライン的には違和感なくフィットするという感じで、カーブがあることが気にならないと言えます。

実際にどの様な感じになるのかということを試着してチェックしてみるといいでしょう。